動物占いは意外性も含んでいる

動物占いをした時に、「自分が思っていたのとはまるで違う動物だった」というケースも多いと思います。
動物占いというのは、意外性も多く含んでいることから、そこも面白い要素だと言えるのです。
例えば、見た目が大人しく真面目なタイプの人が、動物占いで虎に該当した場合、かなり意外に思えるかもしれません。
虎と聞けば、かなりアグレッシブで肉食系で、体育会系の人が当てはまるイメージがあると思います。
しかし実際のところは、虎というのは温厚なタイプの人が当てはまるケースが多いのです。
誠実で落ち着きもあり、責任感が強い人こそ、まさに虎を代表するタイプだと言えるのです。
一方でこじかと聞くと、とても可愛らしくて、大人しい人タイプの人が多いイメージがあります。
しかし実際は、野性的で積極性の強い人が選ばれることが多く、「この人がこじかなの?」と驚くケースも多かったりするのです。
このように動物占いというのは、動物の見た目やタイプと、その人の見た目とタイプが、必ずしも一致するわけではなく、一見すると真逆に思えるタイプに該当するケースも多いわけです。
でも、だからこそ動物占いは面白いわけで、意外性があるからこそ人気もあり、何度やっても飽きることがない占いなのです。
自分だけでなく、周囲の人がどの動物に当てはまるのか占ってみると、想像を遥かに超えるような結果が出てくるかもしれません。
もちろん、意外な結果になることもあれば、順当とも言えるような結果になることも多いですから、そのあたりは結果が出るまでワクワクしながら待っているといいでしょう。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.